顔のシミはセルフケアで取れる?シミを取る方法ってあるの?

トピックス

顔のシミの原因

鏡を見ていると、最近シミが多くなっているように感じる、このような経験をされる人も多いのではないでしょうか。シミの発生にはさまざまな要因がありますが、最も大きな原因は紫外線を浴びることです。紫外線が肌に触れると、細胞を傷つけ、シミを作る原因になります。
紫外線には大きく分けて2種類あります。UVAとUVBです。UVAはUVBに比べると強度は低いのですが、肌の奥まで浸透していきます。そのため、UVA線はUVB線よりも危険で、コラーゲンやエラスチンを生成する役割を持つ細胞にダメージを与えてしまいます。

UVB放射は、日焼けの主な原因です。皮膚の表層にしか浸透しませんが、それでも細胞にダメージを与え、シミの形成につながります。

なるべく紫外線に当たらないUVケアを行っていても、屋内にいても光線を浴びることになるので結構厄介なものです。少量の場合はあまり気になることはないのですが、量が増えて来たり範囲が広がって来ると気が付くことが多いため、鏡を見たときに顔のシミが増えたと考えてしまう人が多くいます。 顔のシミの原因は、紫外線だけではありません。その他の要因もあります。 肌への過剰な摩擦、ストレスや加齢なども原因になります。ストレスによって発生した活性酸素は、メラノサイトを刺激してメラニンを生成させます。また、ストレスはホルモンバランスを崩し、結果的にメラニンの生成を促すため、シミの大きな原因のひとつとされています。 また、食生活や生活習慣が乱れていると、肌のターンオーバーが整えられません。ターンオーバーのサイクルが乱れ、新陳代謝が滞ると、本来排出されるはずのメラニンが滞留し、色素沈着がおこり「シミ」となってしまうのです。

日々のケアで顔のシミを防ぐことはできるのか?

顔のシミはセルフケアで解消できるのでしょうか?
そもそもシミを作らないようにすることが重要です。夏だけではなく、常に紫外線に気をつけて、屋外にいるときは日焼け止め、日傘、長袖の着用でしっかりと紫外線対策を行うことも大切です。

またシミには老人性色素斑やそばかす、肝斑や太田母斑など色々な種類があります。ある程度セルフケアで解消できるシミの種類や解消できないシミがあるので、その違いを把握することも大切です。
一度生じてしまったシミをセルフケアで完全に解消するのは難しいですが、セルフケアである程度薄くしたり予防することはできます。

美白化粧品でできるシミケア

セルフケアでシミを取るには、美白医薬品を使用したりサプリメントを摂取するといった方法があります。
美白医薬品を代表する成分といえばハイドロキノンが有名で、ハイドロキノンは別名、肌の漂白剤とも呼ばれています。
ハイドロキノンはシミの原因の色素、黒色メラニンの生成を抑える働きが優れているのが特徴で、肌を明るくし、シミを目立たなくさせる効果があります。
従来は医師に処方してもらわなければ使えませんでしたが、最近は低濃度のものが気軽に使えるようになっています。高濃度のハイドロキノンには刺激性があるので、まずは低濃度のものから試してみるのがおすすめです。
また美白化粧品には、クリーム、美容液、マスクなど、さまざまな製品があります。自分の肌のタイプに合った製品を選ぶことが大切です。

お金をかけずにサプリメントでシミを消す方法

シミを目立たなくするためのセルフケアとして、体の内側からシミにアプローチするサプリメントを摂取する方法もあります。抗酸化作用のある食べ物を意識的に摂取したり、ビタミン類を含むサプリメントを摂るのが良いでしょう。
特にビタミンCは色素のメラニンを薄くするのに有効で、トラネキサム酸は黒色メラニン生成の予防効果に期待できます。
L-システインは既にできてしまったメラニンを排出してくれますから、これらを組み合わせて摂取するのが理想的です。
ビタミンCを含むサプリメントには、肌を明るくし、シミを目立たなくする効果があり、抗酸化作用もあるため、肌をダメージから守る効果が期待できます。

でも、新たに色素沈着ができてしまっては折角のセルフケアの効果も半減するので、予防方法と合わせて取り組むことが大切です。

シミの原因として大きいのは紫外線ですから、UVケアを意識して化粧品を使用したり、紫外線を浴びたらその日の内にケアをするのがセルフケアの基本です。

シミを作らせない3つの予防方法

セルフでのシミ取りの最大のメリットは、費用をかけない点です。ただし、セルフケアには限界があるので、シミを作らないことが一番重要です。
シミを予防するための方法は様々ありますが、3つの重要なポイントがあります。

日焼け止めをしっかり塗る。

日焼け止めには、シミの原因となる紫外線をカットし、結果的にメラニン色素の過剰な生成を抑える効果が期待できます。日焼け止め選びのポイントは、SPFとPAの数値に注目して、シーンに合ったものを選ぶことです SPFは、肌表面にダメージを与え、シミの原因となるUV-Bを防ぐ効果の長さを表します。一方、PAは、肌の奥まで浸透し、シワや肌のハリ不足の原因となるUV-Aを防ぐ長さを表します。

基本のスキンケアをおろそかにしない

毎日のスキンケアの不足は、肌の乾燥に繋がります。肌の乾燥は、紫外線や摩擦に対する肌のバリア機能を低下させ、シミのリスクを高めます。また、うるおいのある肌は透明感があるので、肌の印象が変わります。化粧水、乳液、クリームなどで毎日スキンケアして肌を保湿しましょう。

また、医薬部外品の美白有効成分が配合された化粧水や美容液などを使用することも大切です。

正しい生活習慣で肌の調子を整えましょう。

生活習慣を整えることで、肌のターンオーバーのサイクルが正常化し、メラニン色素が排出されるようになります。良質な睡眠、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、喫煙や飲酒を控える、ストレスの解消などが挙げられます。

特に、良質な睡眠をとるためには、寝る直前の食事やスマホの閲覧を控えることも大切です。毎日の積み重ねが、シミの予防につながるのです。